Taipei's Millennial Generation ~雑誌図書館『Boven』オーナー Spencer~


2017年5月31日発売予定「Neighborhood Taipei / ネイバーフッド台北」の刊行にあたり、時代を先取る台北のミレニアル世代(2000年代以降に成人になった世代の人たち)のインタビューをちょっぴりご紹介。※実際は少し年齢が上の方も…


東区の路地を一本入った静かな通りの地下に、所狭しと雑誌が並ぶ。

雑誌を読む人、落ち着いて仕事をする人、さまざまな人たちのサロンとなっている。

今回ご紹介するのは、会員制の雑誌図書館『Boven』のオーナーのSpencer。

 幼い頃は意外にも本嫌いの少年だったという。『ドラゴンボール』『スラムダンク』などの漫画は愛読していたが、雑誌を手に取るようになったのは大人になってからだそうだ。 「雑誌ってバラエティ番組みたいですよね。リラックスして気軽に楽しめて、たくさんの美しい記事や写真に出会える。そこが活字の本にはない魅力だと思います。だから雑誌のお店を作ったんです」。  雑誌専門の貸本屋を開くにあたって、影響を受けた日本人が2人いる。一人は移動式本屋の店主を経て、『暮しの手帖』編集長を務めた松浦弥太郎氏。 「彼が移動書店を経てCOW BOOKSという書店をオープンするまでの過程は、僕がBovenを開くまでと重なる部分があります。松浦さんもいいことはみんなとシェアしたいという考え方の人ですよね。彼はアメリカで雑誌を買って、カメラマンやデザイナーに分けていました。こういう考え方ややり方は、僕の考えに非常に近いです」。  そしてもう一人は…(続きは本書で)


Boven雜誌圖書館 https://www.facebook.com/boven437/

台北市大安區復興南路一段107巷5弄18號B1

(02)-2778-7526

月曜−日曜:12:00-22:00


0回の閲覧

株式会社トゥーヴァージンズ

〒102-0073

東京都千代田区九段北4-1-3 飛栄九段北ビル8階

TEL:03-5212-7442 / FAX:03-5212-7889

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Twitterの - ブラックサークル
© 2018 TWO VIRGINS All Rights Reserved.