『すべておまかせ』発売しました!

October 3, 2018

「人生いたるところに教えあり。花に観よう、風に聴こう」(本書より)

 

年間30万人が救いと癒しを求めて参拝する京都・鞍馬寺の女性貫主、信樂香仁さんの本が発売されました!

 

本書では、20歳で入山し70年以上鞍馬の大自然の中で生きる信樂さんの幸福論をお伝えしています。

 

「どうにもならないこと」や「うまくいかないこと」の悩みがずっと消えていく35のヒントが、柔らかいことばで綴られている、心あたたまる一冊です。

 

 

 

 

 

「あるがままに生かされる」というのは、自らに訪れたことをうけとめ、自然体で生きていくことだと信樂さんは本書で語ってくださいました。そして、その自然の流れに「すべておまかせ」してしまうことで、焦らず、気負わずに日常が送れるのだということです。

 

もし、忙しない生活の中でイライラしたり、モヤモヤしたりしている人は、この本を読んで「あるがままに生きる」人生を始めてみませんか?

 

 

 

 

信樂香仁(しがらき こうにん)

1924年、京都府生まれ。鞍馬弘教管長・総本山鞍馬寺貫主。京都府立第二高等女学校卒業。1944年、鞍馬山に入山、奉仕。1949年、鞍馬寺において得度。1950年、鞍馬寺にて加行。鞍馬弘教宗務総長・鞍馬寺執行を経て、1974年から現職。先代信樂香雲貫主に短歌を師事、歌人としても活躍。鞍馬山の自然を数多く読んでいる。著書に『天狗の山くらまだより』(大東出版社)、『山のこころ山のことば』(鞍馬寺出版部)ほか。

 

 

 

『すべておまかせ ~京都・鞍馬寺94歳女性貫主が教える『あるがまま』の生かされ方~』

発売日:2018/10/3

著:信樂香仁(しがらき こうにん)

本体価格:1,300円​

版型:四六版/ ソフトカバー

​ISBN:978-4-908406-19-5

 

【本文構成】

一章 、自然とともに生きる

二章 、あるがまま、生かされる

三章、 預かりもののいのち

四章 、よく生き、よく往くために

五章 、日に新たに

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー

株式会社トゥーヴァージンズ

〒102-0073

東京都千代田区九段北4-1-3 飛栄九段北ビル8階

TEL:03-5212-7442 / FAX:03-5212-7889

  • Facebook - Black Circle
  • Instagram - Black Circle
  • Twitterの - ブラックサークル
© 2018 TWO VIRGINS All Rights Reserved.