株式会社トゥーヴァージンズ

復興建築 モダン東京をたどる建物と暮らし
BOOK監修:栢木まどか
発売日:2020/12/2
監修:栢木まどか
本体価格:1,900円(+税)
仕様:192ページ/A5/並製
ISBN:978-4-908406-64-5

建物から人々の暮らしと時代性を探るビジュアル探訪記「味なたてもの探訪」シリーズ第3弾がついに登場!

関東大震災後、現代の東京の骨格をつくった「帝都復興計画」と、未曾有の災害から人々が奮起し、建てられた「復興建築」を通して、近代東京の成り立ち、人々の暮らしをたどります。

 

仲見世商店、教科書図書館、百貨店、老舗古書店、オフィスビル、昭和初期の邸宅など、

関東大震災後の大正末期〜昭和初期にさまざまな目的で建てられた建築6軒と、そこに関わる人々を取材した<インタビュー/建物と暮らし>。

震災後、100年先の未来を見据えて構想された「帝都復興計画」から、近代東京の成り立ちにせまる<テーマ/帝都復興計画から東京をたどる>。

現存物件はもちろん、さまざまな年代のアーカイブ写真も満載!

専門解説とともに街歩きが楽しめる<復興建築 タイムスリップMAP>。

 

東京が「世界一の都市」を目指した時代の断片を、この本を持って探しに参りましょう。

 

<取材先>

・もう一度来たい江戸趣味小玩具店「助六」(浅草)

・東洋趣味を基調とした百貨店「高島屋日本橋店」(日本橋)

・時を受け渡す古書店「一誠堂書店」(神保町)

・日本で最初にできた教科書図書館「東書文庫」(王子)

・人の縁と思いが繋ぐオフィスビル「第2井上ビル」(茅場町)

・夕暮れがうつくしいカフェ「カフェおきもと」(国立)

 

<復興建築 タイムスリップMAPエリア>

●日本橋エリア

●銀座・新橋エリア

●丸の内・有楽町エリア

●水道橋・神保町・九段下エリア

●浅草・蔵前・両国エリア

●上野エリア