沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶 | TWO VIRGINS | 株式会社トゥーヴァージンズ

沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶
BOOK岡本 尚文、普久原 朝充
発売日:2019/12/4
監修・写真 岡本 尚文
建築監修:普久原 朝充
本体価格:1,900円(+税)
仕様:192ページ/A5/ソフトカバー
ISBN:978-4-908406-40-9

第6回沖縄書店大賞〈沖縄部門〉準大賞 受賞!

 

『沖縄島建築』特別サイトはこちらから

 

《味なたてもの探訪》シリーズ第2弾は「沖縄の建築」。

木造建築、コンクリート建築、赤瓦、セメント瓦、琉球、日本、アメリカ——

多様な文化が混ざり合う沖縄のまちと建築を通して、時代の流れのなかを生きた人びとの暮らしの「記録と記憶」をまとめた一冊。

現存する数少ない戦前の建築から戦後アメリカ文化の影響を受けた建築まで、沖縄の歴史をたどる10軒を取材。

沖縄独特の建築意匠やアイデア、地域の商店などを紹介したコラム、沖縄本島4エリアの見るべき建築を、写真と専門的な解説で紹介したマップなど。普通のガイドブックでは物足りない方にもおすすめです。

 

≪重版情報≫

●3刷重版出来 (2020/4/8)

●4刷重版出来 (

●5刷重版出来 (

●6刷重版出来 (2022/4/1)